東京滞在におすすめ!おしゃれホステルCITANに泊まってみた

先日東京に行った際に、ホテルではなくゲストハウス(ホステル)に泊まってみました。

ホテルよりも安いし、泊まるだけなら十分なクオリティ。

さすがホスピタリティの国・日本だけあって、安かろう悪かろうではなく、安くても清潔感があるしおしゃれで綺麗で言うことなし!

 

今回、滞在したのは東日本橋にある「CITAN」。

まだ2017年春にオープンしたばかりとのことで、すごく綺麗だし、スタイリッシュ。

早速、写真多めでご紹介します!

 

日本にいながらにして海外気分を味わえるコミュニティーの場

IMG_3016
ホステルCITAN エントランス外観

 

 

CITAN(シタン)は東日本橋に新たにオープンする七階建てのホステルです
一階は町に開いたコーヒー店と、旅行者を迎え見送るレセプション

地下のラウンジは世界の酒、ご飯、音楽、人が集まるバーダイニング
日本橋は古くから五街道の起点として栄え、幾つもの旅がはじまった町

ここで始まったストーリーが、町に、人に、繋がってゆく

CITANはそんな場所を目指しています

(CITAN公式サイトより引用)

このサイトでも以前ご紹介したことがある、アメリカはポートランドのホテル「ACEHOTEL」を彷彿とさせるかのような雰囲気。(その時の記事:オレゴン州ポートランドのダウンタウンを1日で周るなら!おすすめスポット!

宿泊客だけでなく地元の人の憩いの場にもなっているし、海外からのお客さんも多いので挨拶から気軽に会話が始まりそうなオープンな雰囲気が心地よい。スタッフさんもみなさん親切。

 

 

居心地の良いスペースフルな空間 レストラン&バーも本格的!

817

地下には、くつろげるソファもあるレストラン&バーラウンジ。

こちらも宿泊客だけでなく、地元の人や食事だけでもOKな空間。

海外からのお客さんが6割くらいいるそうで、インターナショナルな雰囲気も味わえます。

日本にいながらにして、国際交流をしたい方にもおすすめ!

週末は音楽イベントもやってるようです。

 

日本酒、世界各国のお酒の種類豊富さはもちろん、フードもめっちゃおいしかった!

 

 

そして気になるお部屋ですが、私は女性専用ドミトリーのお部屋をチョイス。ネット予約で3000円台でした。(男女混合のお部屋や、普通にツインルーム、ダブルルームもあります)

一つのお部屋に4つベッド(2段ベッドが2台)のお部屋でしたが、ゆったり&ベッドもしっかりしたもの。ベッドマットも低反発の良いものを使用している感覚。とても寝心地よかったです!(シーツはセルフでセットします)

貴重品を入れることができるロッカーもちゃんとお部屋にあるので安心です。

バスタオルや歯ブラシも有料ですが用意があるので、身軽に行けるのも嬉しいポイントです。

 

肝心のシャワールームの写真を撮り忘れた!!!のですが、こちらもとても清潔感があり綺麗でした。私の部屋最寄りのシャワールームは3台ありました。

アメニティにもすごくこだわってて、シャンプー、コンディショナー、ボディソープはオーガニックのもの。同じ東日本橋に店を構える「OSAJI」のものを採用していました。(OSAJI:皮膚科学から学んだ安全なオーガニックコスメを提案するブランド)

女性専用のドミトリーを選んだので、シャワールームも女性専用。広々とした3面ある洗面所には、コットンと綿棒もあり親切〜。ドライヤーももちろん設置あり。

 

 

1階には、キッチンコーナーもあり、簡単な調理もできちゃいます。

お鍋や食器類も豊富でびっくり。長期滞在で食費を節約したい場合にもうってつけですね。

2

キッチンには冷蔵庫もあって、みなさんこんな感じで自分の部屋番号を書いて要冷蔵なものをキープしていました。

 

あとは、1階共有スペースには、自由に飲んで良いコーヒーや紅茶類、コンセントも充実なパソコン作業もできるテーブルと椅子などもありました。快適!

 

4

翌朝は、1階にあるカフェでおいしい水出しアイスコーヒーとパン・ド・ショコラをテイクアウト!その他にも、めちゃくちゃ美味しそうなサンドウィッチなど、朝ごはんも充実でした♪

 

 

最寄り駅は、馬喰横山駅。

A1出口から徒歩2、3分でわかりやすいです。近くにはローソンもあります。

 

予約はこちらからできます:Booking.com
 ←ホテルの詳細や写真もたくさん載っています

 

イギリス女子一人旅♪ロンドン市内ゲストハウスに泊まってみました

今回のイギリス旅は2週間の滞在だったので、節約のためホテルではなくゲストハウスに宿泊しました。

今日は、そのゲストハウスを写真多めでご紹介しようと思います。

私が選んだのは、日本人が経営している「ロンドン・アップルハウス」さん。(ホームページはこちら

ロンドン市内に3つのゲストハウスを持ち、どこも駅近でロンドンの中心街へもアクセス良好。なおかつ、物価も高くホテル代金も高いロンドン市内で低料金で泊れるとあって、かなりおすすめです。

各ハウスの詳細はホームページを見ていただくことにして、ここでは私が実際に2週間滞在した「アクトンタウン」駅徒歩0分に位置する「アクトンタウンハウス」をご紹介します。

 

 

1泊約4000円!リーズナブルに泊まれるゲストハウスって?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お家の窓からの景色

ゲストハウスと言っても、管理人さんが常駐しているわけではなく、ハウスメイトだけで同じ一つ屋根の下に住むといった感覚なので、シェアハウスに近かったですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
キッチン(食器や料理道具、カトラリーもほぼ揃ってます)
IMG_1974
ダイニングテーブル
IMG_1978
バスルーム(シャンプー類はそれぞれ持参です)

キッチン(ランドリーもあり)、ダイニング、バスルームは共用で、それぞれの個室はプライベートが守られます。ちゃんと個室には鍵がかかるので安心です。また、ツインルームでも、一人利用であれば誰か他人と同室になることはありません。

アクトンタウンハウスには、冷蔵庫は2台あり、こんな感じでみんなそれぞれスーパーで食材を買って保存、自炊もできます!

IMG_2321
わたしのある日の朝食

わたしは今回シングルルームの利用でした。1泊29ポンドでした。(※2017年2月時点)アクトンタウンハウスにはシングルルームは2室ありますが、わたしの部屋は広い方でした。

IMG_2489
私が滞在したシングルルーム(※ティッシュペーパーは私物。日本からの持参ですが偶然インテリアの色と合ってました。笑)

その他、ツインルーム、ダブルルームもあります。

広い!素敵なツインルーム。まだ新しいハウスメイトが入居する前に撮らせてもらいました。

 

 

アクトンタウン駅徒歩0分、アクセス抜群の好立地

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

場所は、西ロンドンに位置し、地下鉄アクトンタウン駅(ディストリクト線とピカデリー線が通ってます)徒歩0分!めちゃ便利でした。

Zone3ではありますがロンドンの中心地(ピカデリーサーカスやビッグベンのある方)へも地下鉄1本で約30分で行けるので便利でした。

また、アクトンタウンはヒースロー空港へもなんと1本で約20分です。スーツケースを持っての移動を考えたら、かなりありがたかったです!

アクトンタウン駅↑

 

また、お家の下はちょっとしたレストランやスーパーが軒を並べており、外食や買い物にも便利です。(下の写真)1階がレストランやスーパーで2階、3階部分がフラット(アパートメント)になっています。

 

最後の夜に、気になってた階下のフィッシュ&チップスのレストランでテイクアウェイしてみました。ものすごく賑わってて人気店のようです。めっちゃボリュームありましたが、揚げたてでおいしかった!そして安かったです!(日本円で1000円もしなかった)

 

ハウス玄関までの道のり(お隣さんと朝すれ違うときに「Good Morning!」と挨拶しあうのも楽しいふれあい♪)と、玄関からの景色↓

テレビは現地のドラマやニュース、子供向けのアニメも観れるので興味深かったですし、お部屋のテレビを流しておくことで英語の勉強にもなりました。(写真は、ダイニングのテレビとキッチンの窓からの眺めと階上・個室に上がる階段)

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アクトンタウンハウスのお向かいのお家たち

アクトンタウンは基本的に住宅街ですが、駅周辺は上記のようにお店も多くスーパーもあり大変便利でした。

ハウスメイトたちも、私が滞在中の2週間のうちに学生さんから40代の女性の方までいらっしゃり、基本的に日本人・女性専用のゲストハウスなので、皆さんとてもマナーがあって良い方ばかりで過ごしやすかったです。

また、ロンドン・アップルハウスのスタッフさんもとても親切で、予約前のメールのやり取りから丁寧で信頼できました。

またロンドンに行く際は、ぜひ利用したいな〜と思います!

 

 

IMG_1987
my room からの景色。ロンドン着いた翌日、時差ぼけからお昼寝して起きたらこの夕焼け。