北欧女子旅!その2〜スウェーデン・ストックホルム市内観光〜旧市街地ガムラスタンとヴァーサ博物館

北欧女子旅二日目の旅行記です。

今回の1週間北欧旅のざっくり行程はこんな感じでした。

  • 1泊目 日本から移動 ストックホルム泊(スウェーデン)
  • 2泊目 ストックホルム市内観光 ストックホルム泊(スウェーデン)←イマココ
  • 3泊目 オスロへ移動 オスロ市内観光 オスロ泊(ノルウェー)
  • 4泊目 ベルゲン急行にてミューンダルへ→ハイライト!山岳鉄道のフロム鉄道に乗ってフロムへ→フロム泊(ノルウェー)
  • 5泊目 フロムからフィヨルドクルーズ→グドヴァンゲンへ→バスでヴォスへ→ベルゲン急行にてベルゲンへ(しかしベルゲン急行が急遽運休となり代替バスでベルゲンへ)→ベルゲン市内観光→ベルゲン泊(ノルウェー)
  • 6泊目 ベルゲンからヘルシンキへ移動 ヘルシンキ街歩き ヘルシンキ泊(フィンランド)
  • 7日目 ヘルシンキ市内観光→帰路へ
img_0529
ストックホルムらしい風景。しかしあいにくのお天気・・・

まずいざ向かうは旧市街地ガムラ・スタン

と、その前にストックホルムといえば、地下鉄駅のこの壁!!!超アートな駅構内

市内約90の地下鉄駅は、異なるテーマでデザインされているそうです。約130人のアーティストが手がけ、ホームごとに違う壁画や装飾!私知らなくて、いざ地下鉄乗ってびっくり。洞窟みたいな壁に北欧らしい絵が描かれているバージョンと洞窟バージョンに遭遇しました。

ストックホルムカード(地下鉄、トラムなどの交通機関が乗り放題で、約80もの美術館の入場料やアトラクションが無料もしくは割引になる)もありましたが、今回私はそこまで交通機関に乗らない、美術館等も行かない・・ので元を取れないと判断し、1回1回チケットを購入して乗りました。なお、このストックホルムカード、2014年時点で24時間450スウェーデンクローナ。(当時のレート1スウェーデンクローナ=17円だったので約7650円)結構します。(汗)ので、ご自分の行きたい箇所や旅の計画に沿って活用されることをおすすめします。ちなみに、スウェーデンではユーロは使えませんよ!お気をつけください。

さて、旧市街地のガムラスタンは、ストックホルム発祥の地。中世の建築物が立ち並び、石畳の狭い路地がどこを取ってもフォトジェニックで絵になります。

このガムラスタンの中に、現在も国王が執務している王宮、市内最古の大聖堂、ノーベル博物館もあります。ガムラスタンのエリアは徒歩で回れます。

そして、私がストックホルムに行くからには絶対行きたかったヴァーサ号博物館

img_2375ヴァーサ号とヴァーサ号博物館において、個人的に祖父母との思い出があり、何がなんでも行きたかった。そして、祖父が作ったヴァーサ号の模型が物心ついた頃から祖父宅にあったので、本物をこの目で見たかった・・・。ですので、個人的かつマニアックですが、このヴァーサ号博物館の隅から隅まで余すところなく鑑賞し、実に4時間ほどいました・・・(笑)北欧女子旅と言いつつ、かわいいカフェ巡りとかしてなくてすみません・・・

ヴァーサ号は、1628年に処女航海をした全長69メートルの戦艦なのですが、出航後すぐに沈没してしまったのです。333年間海中に沈んでいたヴァーサ号ですが、1960年代に引き上げられ、95%は出航当時のまま残っており、ヴァーサ号博物館はそれを展示している博物館です。戦艦まるまる一隻を収納しているので、入った瞬間「おおぉ!!」とおもわず声が出ました。感動でした。建物4階分くらいが吹き抜けで展示されています。圧巻です。

img_9211
処女航海に出航したばかりのヴァーサ号。この後沈没してしまう・・・。

見事な彫刻と装飾の戦艦でした。

ヴァーサ号博物館は、バス44番でVASA MUSEETから徒歩1分。入場料130スウェーデンクローナ(当時)

さて、ゆっくりヴァーサ号を堪能した後は、またトラムに乗りセントラル駅の方へ。トラムから見えたストックホルムの街並みを写真でどうぞ。しかしお天気がいまいち・・・9月だったので雨が多い時期でした。

img_4147

img_4173

やはり、緑が多く美しい首都です、ストックホルム。

img_4502

セブンイレブンもこの通り。シックです。

img_7269

ストックホルム中央駅までトラムと徒歩で向かい、スーパーマーケット「コープ・コンスム」へ。国内で販売されているメジャーな食料品や日用品はだいたい揃います。

海外にいったら必ず立ち寄るスーパーマーケット。現地の方の生活が垣間見れますし、ちょっとしたお土産探しにも打ってつけ。

スウェーデン名物のクネッケ(薄焼きパン。クラッカーみたいなもの)だけでも、ものすごい種類がありました。

海外、特に北欧はデザイン大国だけあって、パッケージもいちいちかわいいです。そしてヨーグルト系の飲み物の種類が豊富です。

img_0001_2
完全ジャケ買いのトロピカルフルーツ紅茶

そんなこんなでスーパーマーケットで紅茶や洗剤などパッケージが可愛いものをゲットして、夜はまたスウェディッシュのお友達とディナーへ。そうそう、ここでプチ情報。日本はカード社会といえどまだまだ浸透してないと感じます。海外はもっと進んだカード社会です。100円とかでも普通にカードで払いますし、今回の食事の際も計5人で食事したのでお勘定は割り勘だったんですが、ちゃんと一人当たりの料金に割ってそれぞれカード払いOKなんです。もちろんテーブルでお会計するので、みんなそれぞれのカードをビル(勘定札)に出して、店員さんがそれをレジに持って行き、お会計処理を終えてまたテーブルまで持ってきてくれます。この時サインは特に不要でした。ちゃんと一人あたりの金額しか請求されませんでしたよ。

食事後、市庁舎の方まで散策に連れて行ってもらってホテルまで送ってもらい、無事にストックホルム二日目終了。

そんなこんなで、二日目のストックホルムはガムラ・スタン散策とヴァーサ博物館とスーパーマーケットにしか行っていないというなんとも役に立たない旅行記で、本当にごめんなさい。

ストックホルムは、一国の首都なのに緑が多く建物も綺麗で、人も大都市のように多くなくとても居心地がよかったです。また改めて絶対行きたい国!

さて、明日はノルウェー・オスロに向けて出発です。

今日はここまで・・・



北欧女子旅!その1〜フィンエアーで日本からスウェーデン・ストックホルムへ

まだこのブログを始める前に行った海外旅行記も思い出しながら書いていきたいなと思います。

まずは、2014年9月に行った、北欧(スウェーデン、ノルウェー、フィンランド)の旅行記を。

私はいつも海外旅行に行った際は、旅ノートを持参し日記を書いているので、ある程度記憶が途切れ途切れでもそのノートを見返しながらこうして書くことができます。日記、書いててよかった!笑

ただ、細かな情報は忘れていたり、今は変わってしまっていることもあると思いますのでご了承ください。

 

今回の1週間北欧旅のざっくり行程はこんな感じでした。

  • 1泊目 日本から移動 ストックホルム泊(スウェーデン)
  • 2泊目 ストックホルム市内観光 ストックホルム泊(スウェーデン)
  • 3泊目 オスロへ移動 オスロ市内観光 オスロ泊(ノルウェー)
  • 4泊目 ベルゲン急行にてミューンダルへ→ハイライト!山岳鉄道のフロム鉄道に乗ってフロムへ→フロム泊(ノルウェー)
  • 5泊目 フロムからフィヨルドクルーズ→グドヴァンゲンへ→バスでヴォスへ→ベルゲン急行にてベルゲンへ(しかしベルゲン急行が急遽運休となり代替バスでベルゲンへ)→ベルゲン市内観光→ベルゲン泊(ノルウェー)
  • 6泊目 ベルゲンからヘルシンキへ移動 ヘルシンキ街歩き ヘルシンキ泊(フィンランド)
  • 7日目 ヘルシンキ市内観光→帰路へ

 

では、時系列で書いてまいります!

朝11時前関空発のフィンエアーにて、いざ向かうはスウェーデン!しかし、フィンランドのヘルシンキで乗り継ぎがあるので、まずはヘルシンキへ!

フィンエアーはさすがフィンランドの航空会社だけあって、機内のあらゆるもの(紙コップ、紙ナプキン、ブランケットなど)がマリメッコ!!!北欧ファブリック好き、マリメッコ好きな人はもう機内に入っただけでテンションが上がりまくります。

そして、大の飛行機好きなわたし。何時間でも乗ってられると自負しています。私のお気に入りの機内での過ごし方は、読書、映画鑑賞、ぼーっと考えごとをする、です。身動きがとれない機内だからこそ、普段こんなゆったりした時間をとれないので、普段したくてもなかなかできないことをやります。読みたかった本を持参し、読書。活字に飽きたら映画鑑賞。そして眠たくなったら寝て、ふと目覚めたらぼーっと考えごとしたり。もちろんたまにストレッチもお忘れなく。

こうして過ごしてたら、なんやかんや時間が過ぎるのは早く、いつの間にかヘルシンキへ到着!

そうそう。フィンランド(ヘルシンキ)って、日本から1番近いヨーロッパってご存知でしたか?北欧って、地図上ではものすごく北の果てにあって、日本からすごーく離れた遠い国に見えますが、実はイギリスやフランスに行くより圧倒的に近い!日本から直行便で約8時間で着きます。機内食食べたり寝たり映画みたり読書したり、また機内食食べたり(笑)していたら、ほんと、あっという間です。そして、ヘルシンキはヨーロッパの主要都市への乗り継ぎ空港なので、ここからあらゆる都市へいけちゃいます。

img_0331

そんなヘルシンキ空港はハブ空港であるにも関わらず、とてもコンパクトでわかりやすい空港でした。ムーミンやマリメッコのお店もあるので楽しめます。ただし、今回はスウェーデンへの乗り継ぎだったので、ヘルシンキ空港での滞在はほんの少し!また帰りにフィンランドに寄るのでその時にゆっくりね〜♪というわけで、いざスウェーデンへ。

ヘルシンキからスウェーデンのストックホルムまでは2時間ほどのフライトだったかな?現地時間17時前に到着し、スウェーデン人のお友達ナイスガイ・パトリックに迎えに来てもらって、ホテルまで車で送ってもらいました。今回ストックホルムで滞在のホテルは「ホテルアマランテ」。ディナーはあいにくの雨だったのと、もう夜で真っ暗で近場で済ませたかったのでホテル1階のレストランでディナー。スウェーデン料理のミートボールなどを食べました。

ホテルアマランテはこんな感じ。とてもシックで落ち着いた雰囲気のロビーでした。ツインでルームチャージ15000円位だったと思います。(季節にもよりますがだいたいの目安として)

上記右写真は、お部屋から見えた景色です。

こちらの旅行サイトにも詳しく載ってると思います。Check it out!!



朝ごはんもビュッフェスタイルでとてもおいしかったです。ビュッフェスタイルはついつい食べすぎますね・・自分で焼けるワッフルの機械があったり、スウェーデンの硬いクラッカーみたいなパンもたくさんありました。

そうそう。ここで豆知識。日本では、ビュッフェスタイルのことをよく「バイキング」と言いますが、あれ海外では通じません。バイキングとは、英語で「海賊」の意味。海賊は食事の際、ビュッフェ形式で好きなものを自分のお皿に取り分けて食べていたことから、日本人がビュッフェ形式の食事のことを「バイキング」と呼んでいるそうです。ちなみに、海賊は北欧出身。タイムリーなので書いときました。笑

ホテルの前にはスーパーもありとても便利でしたよ♪海外旅行にいったら必ず行くのがスーパーマーケット。しかしなんで北欧のパッケージデザインはこんなにいちいち可愛いんだ・・・

ただし、物価は恐ろしく高いので、びっくりします。ペットボトルの水(500ml)が500円くらいしました。汗

さて、ほとんど観光要素は書かないまま、かなり長くなったので今回はここまで。

次回に続きます。



アラサー、自己分析をするの巻

ロンドン

就活の時ですらこんなに自己分析しなかったぞ・・・・・(遠い目
自分の「人生の目的」を考えるためにも、色々と自己分析を続けています。

先日読んだ雑誌におもしろいワークがあったので、早速自分にあてはめてやってみます。

①自分の能力、スキル(自分は何ができるのか、何が得意なのか)
②動機、欲求(自分は何がしたいのか、何が好きなのか)
③意味、価値(何に価値を感じるか)
をリストアップ。

 

では、いきます!

①自分は何ができるのか、何が得意か

・文章を書くこと
・初対面の人とでも壁を作らずに話せる
・人当たりがよい
・集中力がある
・勉強や知識を人に教えることが上手(とよく人から言われるし自分でもそう思う)
・人を癒す雰囲気がある(と、人からよく言われる)
・人のよいところを見ることができる
・WEB関連(勉強中)
・美的センスがある
・・・

うーん、意外と出てこない・・・汗
とりあえず次いきます。

 

 

②自分は何がしたいのか、何が好きなのか

【したいこと(欲求)】
・会社に属さない自由な働き方をする
・自分の家庭をもつ(愛する旦那様と子供)
・人の役に立つ
・海外を暮らすように旅する
・ブログを書く
・北欧文化の勉強と共有と発信
・自分ブランディングのHPを立ち上げる→一応このサイト作ってみた
・年に1度は両親も一緒に海外旅行
・ビジネスクラスでヨーロッパ&アメリカ方面に行く
・世界遺産巡り
・世界の古城巡り
・夫婦で叶える夢リストの作成と実現
・人気者、有名人になる
・多くの人に尊敬される存在になる
・知らないことをたくさん知る
・おいしいものを食べる
・自由な時間がたくさんある
・好きな時に好きな場所に行く
・健康に生きる
・成長し続ける
・影響力のある人間でいる
・英語ペラペラになる
・国境関係なく、コミュニケーションが取れる人間力と会話力を持つ
・お金持ちになる
・経済力に不安なく生活する
・親孝行する
・愛される
・信頼できる友人、仲間に恵まれる
・過去の経験を忘れたくないので記録する
・・・

まぁ出てくる出てくる!!したいことだらけ!笑
続いて、

【好きなもの・コト】
・北欧(スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマーク)の街、考え方、文化全て
・イギリス(ロンドン)
・Swing JAZZ
・50年代、60年代のファッション、文化、雰囲気
・映画
・飛行機に乗ること
・空
・月
・夕焼け
・朝日
・宇宙
・地球
・自然
・星
・おしゃれすること
・洋服
・靴
・ベレー帽
・旅
・海外旅行
・英語
・フランス語
・語学勉強している人
・宝塚歌劇
・ミュージカル
・ダンス
・バレエ
・音楽のある生活
・カリプソ
・ラテン
・着物
・お金
・ヨーロッパ
・ヴィンテージ
・飛行機からの景色
・温泉
・クリスマスシーズンの街
・文章を書くこと
・写真撮ること
・レトロなもの
・神戸
・和食
・麺類
・アイスクリーム
・パン
・フランス(パリ、南仏)
・スウェーデンの中でも特にストックホルム
・文房具
・雑貨
・食べること
・旅行先のご当地グルメ
・・・
どうだー!笑
好きなものはいーーーーーっぱいある!!!

③どのようなことをやっている自分に意味、価値を感じ、社会に役立っていると実感できるか

・人に感謝された時、尊敬された時
・売上が上がった時
・クライアントや社内の人から信頼され、頼られている時
・自分にしかできないことをやっている時
・自分が楽しい!と思い、かつ、やりがいを感じている時
・人や何かの役に立っている時
・自分の知識を人に教え、理解を示してくれた時
・・・

②があまりにも出すぎて、①と③がなんかもう・・・
申し訳程度ですが・・・・・^^;

この3つが重なる部分(見えてくる一貫性)が、

自分の「人生の目的」となり、

その目的のために「目標」が立てれる。

先に目標(ゴール)を立てるのではなく、まず「目的」を定める。

それからその目的に到達するための大きな目標、小さな目標を立てる。

私の現時点での

「人生の目的」とは・・・・・

「影響力のある人間になる」

ずらーっと書き出してみてわかりました。

こう、はっきり字にすると、われながら自惚れ屋というか、なんて図々しい人間だ、とも思いますが

正直、

私は人から尊敬されたり、感謝されたりすることに快感を得ます。
(まぁ誰でも多少そうかな?)

でも上記に書き出したように、私は、

尊敬されたい、憧れられたい、共感されたい、人の役に立ちたい・・・

という気持ちが何事を通じても大きいかもしれない。

しかも、自分の得意なところや好きなことを生かした上で。

それが叶ったら、自分の中で満たされて、ますます自分に自信をもって

人生を歩めると思う。

わたしの(現時点での)人生の目的。

それは、「影響力のある人間になる」こと!

さぁ、それを叶えるために立てるべき「目標」はどうしようかな。

ここ大事ですよね。変な方向にいかないように。

また、書きます!