サンフランシスコ旅 サイケでレトロなヘイトアシュベリー

少し間が空きましたが、サンフランシスコ旅の続きを書こうと思います。

今回の旅では、時間があったのでサンフランシスコのダウンタウンから少し足を伸ばしてヒッピー発祥の地、Haight Ashbury(ヘイトアシュベリー/ハイトアシュベリー)へも行ってみました。(ユニオンスクエアからミュニバス71番で約24分)

 

サイケな街、ヘイトアシュベリー

 

IMG_8572

さすがヒッピー発祥の地だけあり、今もサイケデリックで個性派なお店が軒を連ねています。独創的で自由な雰囲気がムンムンなストリート。古着屋さんや古レコード屋さんも多く、見ていて面白かったです。古レコード屋さんでは、レゲエが流れていたり、ビートルズやオールディーズ、ジャズなど多岐に渡りいい感じのセレクション。

ただ、ガイドブックにもよく書かれていますが、治安はあまり宜しくないみたい。夕方以降の遅い時間は避けたほうがよさそうです。

 

 

突然お店の窓から足が!!笑 こういった装飾を見て歩くのも楽しいです。

 

 

 

まぁ、ハイトストリートの両側にこういったお店が並んでいる・・という感じですね、はい。50年代60年代70年代が好きな方には興味深いと思います。(めっちゃ簡単ですみません・・)

個人的に50年代〜60年代のファッションが大好きな私としては、まるで洋服博物館のような、ヴィンテージの古着屋さんがあって入ってみました。年代別にお洋服や靴、アクセサリーがところぜましと並んでいてテンション上がりまくりでした。かなりの品数ありましたので見応えもたっぷり。

店内写真撮影は禁止だったので写真はありませんが、ショップカードの写真を載せておきます。

店名 ”DECADES OF FASHION”  Vintage Clothing and Costumes for Men&Women

住所 1653 Haight Street at Belvedere &Haight, across from Wasteland

e-mail  vintageclothing@decadesoffashionsf.com

Open 毎日 11時〜19時

 

 

IMG_8575

 

一通り歩いてお待ちかねのランチタイム!

ランチどうしよっか〜と言うことで、ヘイトアシュベリーでは、私たちは歩きながらその場でネットで検索してヒットしたところへ行ってみることに。ハイトストリート沿いにすぐ見つかりました。

 

 

ヘイトアシュベリーでおすすめのレストラン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
明るい雰囲気のカフェレストラン「1428 ハイト」

めっちゃピンボケしてますが、手前のプレートはいわゆる”番号札”です。通りの番号と掛けていて、なんかおしゃれ〜♪わたしは18thストリート♪レジで注文をしたらこのプレートをもらってテーブルに置いておくと、お料理を持ってきてくれます。

 

 

超ビッグ!アメリカンサイズのオムレツに、玉ねぎ丸ごと入っていたであろうチーズたっぷりオニオンスープ。朝ごはん抜きでめちゃくちゃお腹減っていたので、オムレツとオニオンスープ両方頼んでしまいました・・・しかしこれがすごいボリューム。オニオンスープにはひたひたになったパンも入っていたので、ちょっとしたランチならこのオニオンスープだけでも十分では、というほど。

 

ちなみに、このレストランのレジのお姉さんがとっても可愛くて癒されました。(笑)日本に来たことあるらしくて少しお話でき、嬉しかったな。とても親近感が湧きました。日本のサービスさながらお水を注ぎに来てくれたりとサービスもよかったです。ヘイトアシュベリーでおすすめのレストランです!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サンフランシスコ Haight Ashburyでおすすめレストラン「1489ハイト」

なお、先にレジで注文と会計を済ませる場合もチップは払います。また、そういった場合のチップの払い方等もブログにまとめようと思います。

 

おまけ

 

「は〜、もうお腹いっぱい!はちきれる!」となったんですけど、またしばらくぶらぶらハイトアシュベリーをストリート沿いにおもしろそうなお店に入りながら歩いていたら「ハッピードーナツ」が。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
HAPPY DONUTS

空港からホテルまで送迎してくれたアメリカ人の方が、「ハッピードーナツはアメリカで人気のチェーンドーナツ屋さんだよ」と紹介してくれたので、ハッピードーナツハッピードーナツ・・・と気をつけてたんですが、ダウンタウンではなかなか遭遇せず。しかしヘイトアシュベリーにあった〜!

ということで、お腹いっぱいだったんですけど、また歩いて疲れたし休憩休憩♪ということで、入ってみました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アメリカに来たからにはドーナツ食べなきゃね

 

ドーナツ入るんかい!まだ食べるんかい!!!

 

 



サンフランシスコを1日で周るなら!アメリカ弾丸旅行

先日、アメリカ西海岸カルフォルニア州のサンフランシスコに行ってきました。今回は、サンフランシスコといえば!の最低限押さえとくべき観光スポットをご紹介していきます。

 

まずはケーブルカーに乗るべし

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サンフランシスコといえばケーブルカー

さて、まずサンフランシスコに着いたらしたかったこと!それは、ケーブルカーに乗る!です。

サンフランシスコのダウンタウンの中心ユニオンスクエアから始発が出ています。なんとケーブルカーの方向転換は手動。方向転換の様子を動画で撮ってみました。とてもアナログ〜おもしろい。

 

1回乗車7ドルですが、今回私はケーブルカーはもちろん、バスや電車も1日乗り放題20ドルの1dayパスを買ったのでケーブルカーも遠慮なく行きと帰り2回乗っちゃいました。

IMG_8277

朝10時半ごろですでに長蛇の列。1回に乗車できる人数は15人くらいかな?3台ほど見送ってやっと乗れました。これ、夏のピークシーズンはどれだけ並ぶんでしょう・・・

でも、笑顔がものすごく良く、アカペラで色々な歌で楽しませてくれるおじさんがいて、白い歯と目力にやられてついつい写真を撮らせてもらいました(ちゃんとお金入れましたよw)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちゃんと日本人とわかってくれたみたいで「Arigato〜!」と言われました。笑

 

さて、さすが坂の町サンフランシスコ。ものすごい傾斜を登っていきます。おもしろかった!「チンチン〜♪」という昔から一緒であろう発車?のベルの音がいい感じ。

左の写真、カメラはめっちゃまっすぐ持ってるんですが、外がめっちゃナナメになってるのわかりますか?ものすごい傾斜でした。

 

そして最終地点フィッシャーマンズワーフに到着。

IMG_3028

晴れてる!!!

奇跡の晴れ。(ちなみに、この旅行中、唯一の晴れでした)

3月上旬はまだまだ雨が多いですね。

IMG_3010

晴れてて気持ちよくてしばらくここでボケーっとしました。そしてフィッシャーマンズワーフをぶらぶらお散歩。たくさんのお土産物屋、レストランもたくさん。

 

 

 

本当に海と空が美しい。アルカトラズ島もしっかり見えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
真正面に見えるのが、かつて脱獄不能と言われた刑務所のあったアルカトラズ島

 

そろそろお腹が減ってきたな〜・・・というわけで・・・

 

とりあえずクラムチャウダーは食べるべし

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
顔より大きい!サンフランシスコ名物クラムチャウダー

 

お腹が空いたのでいざクラムチャウダーの名店へ。

サンフランシスコ名物といえば、クラムチャウダー!クラムチャウダーの老舗「BOUDIN」というレストランの本店がフィッシャーマンズワーフにあるということで行きました。

とっても良い雰囲気のレストランでした。1階と2階がありますが、雰囲気は2階の方がちゃんとしたレストラン!って感じで落ち着いていて、景色も良いのでおすすめです。1階はカジュアルなカフェという感じ。

いざオーダーは迷わずクラムチャウダー。サワードブレッドという酸味のあるパンの中身をくりぬいてボウルにしてクラムチャウダーがたっぷり入っています。とにかくでかい!!!顔よりでかい!お腹いっぱいになりました。

腹ごしらえができたところでフィッシャーマンズワーフを散策。古き良きアメリカの雰囲気が残り歩くだけで楽しかったです。

 

 

サンフランシスコ発祥チョコレートメーカー

そして次の目的、ギラデリスクエアへ。チョコレートの老舗「GHIRARDELLI(ギラデリ)」は、以前シアトルに行った時のおすすめのお土産としてもご紹介しましたが、そのギラデリ、実はサンフランシスコ発祥です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ギラデリスクエア

元々ギラデリの工場があった跡地が今や地名となり「ギラデリスクエア」として残っています。そこには、ギラデリのチョコレートをふんだんに使ったパフェなどを食べられるカフェやチョコレートショップがあり、サンフランシスコ土産の調達にもぴったり。ギラデリは日本の輸入食糧品店にもまだないようでアメリカでしか買えないチョコレートなので、おみやげにしたらきっと喜ばれますよ♪

フィッシャーマンズワーフから歩いて10分くらいです。

もちろん、ギラデリの本店カフェでパフェを食しました。1番人気商品らしい「ホットファッジサンデー」を頼みました。ホットチョコレートがまるで生キャラメルのような食感でめちゃくちゃ美味しかったです。甘すぎず、しつこくなく、ペロリと食べてしまいました。

 

IMG_3147

チョコレートショップの方では、このギラデリの四角いチョコレートが看板商品なのですが、お徳用パックというか、かなりの容量のものが30ドルくらいでかなりお得でした。(写真1番左の袋詰めされたもの。)ギラデリのこのチョコは至るところで(空港でもスーパーでもコンビニでも)見かけましたが、さすがにこのお徳用パックはここ本店でしか見なかったので、本店でしか買えないパックなのかも。3袋買ったら20ドル割引だったので、3袋買いました。ばら撒き用のお土産はこれに決まり。(写真では小さく見えますが、かなりの容量あります。60枚くらいは入ってます。)

 

ハイライト!ゴールデンゲートブリッジへ

そして、その後いよいよサンフランシスコのハイライト、ゴールデンゲートブリッジへ。ギラデリスクエアのすぐ近くからバスが出ているのでバスで向かいました。途中で28番のバスに乗り換える必要がありますが、乗っている観光客はほぼ同じ目的地ゴールデンゲートブリッジなので、大勢がどっと降りるところで降りるとほぼ間違いないとは思います。もしくは、運転手さんに「ゴールデンゲートブリッジに行きたいから降りるべきところに着いたら教えてください」と伝えておけば、ちゃんと教えてくれます。

IMG_8394

良いお天気で、空のブルーと海のグリーンに橋のオレンジ色がよく映えます。海が穏やかで、まるで絵画のような写真が撮れました。

 

ゴールデンゲートブリッジのふもとにはお土産物屋さんもあります。ブリッジモチーフのグッズも多く、私はゴールデンゲートブリッジ型のブックスタンドを買いました。(前からブックスタンド欲しかったので、36ドルほどしましたが迷わず「買い!」でした。思い出にもなるし良い買い物でした)

 

 

日没頃までゆっくりして、またバス28番でフィッシャマンズワーフまで帰りました。帰りは、今度はドライバーさんに「フィッシャーマンズワーフまで行きたいんだけど、降りる場所で教えて」と伝えると、「最終ストップですよ」と教えてくれました。つまり、ゴールデンゲートブリッジからフィッシャーマンズワーフまで行く時は、28番バスに乗ったら乗り換えなく逝けるということです!最終ストップはギラデリスクエアの近くでした。(ギラデリスクエアまで徒歩10分くらい)

 

ちなみに、サンフランシスコのバスは、乗る際は前のドアから乗り、ドライバーさんのところで運賃を支払います。今回、私は1日乗り放題パスを持っていたので、そのパスを見せるだけでOKで楽でした。

 

 

夜はまたフィッシャーマンズワーフへ行き、夜ごはんにシーフードを食べました。そして1dayパスのフル活用!で、またケーブルカーに乗ってユニオンスクエアまで下り帰りました。

 

そんなこんなでサンフランシスコの1日終了。コンパクトな街なので1日あればハイライトは周れます。

 

サンフランシスコは、毎日羽田空港からの直行便が出ていて、飛行時間は行き約9時間、帰り約11時間でした。映画見たり寝たり機内食食べたりしてたらあっという間です。ちなみに、今回行きも帰りも1番前の席(エコノミー席のねw)だったので、足をゆったり前に伸ばせてかなり快適な空の旅でした。

IMG_3228
機内ではスリッパは必需品。速攻履き替えます。

 

以上、ざっとご紹介しましたが、おすすめレストランやカフェ、またその他おすすめスポットなどこちらにまとめていますのでよろしければご覧ください♪



女子一人旅!シアトルからポートランドへ!列車の旅

さて、いよいよアメリカ女子一人旅も終盤です。

シアトルの友人とバイバイし、オレゴン州ポートランドへ列車の旅!

今回、友人宅がエベレットという街だったので、正確にはエベレットから乗車、ポートランドへ向かいました。利用した列車はアムトラック列車。わりと定刻通りの到着&発車でした。

車内は清潔でWi-Fi完備、食堂車もあります。サンドウィッチやバーガー、クラムチャウダーといった軽食ではありますが、車内で食べるとまた格別に美味しい気がしますよね♪

 

シアトル〜ポートランド間は約5時間弱。12月の半ばに行ったので、やはり雨だらけで車窓の写真はありません。(苦笑)でも、きっと気候の良い時だと、西海岸の爽やかな風景は広がるのでしょう。また夏とかの良いシーズンに入って、「世界の車窓から」を実体験したいな〜。

 

ポートランドのユニオンステーションは、ダウンタウンの端っこにあり便利です。鉄道時代の古きよきアメリカのにおいがプンプンするような、良い雰囲気の駅舎でした。看板がいちいちネオンなのが、レトロ好きな私の心をくすぐります。(笑)

 

なお、今回、アムトラックのホームページから予約をしました。早割があったのでシアトル〜ポートランドまで32ドル(約3900円)でした。(ちなみに、バンクーバーからシアトルまでもアムトラックを利用しましたが、こちらはなんと21ドル・約2500円でした。)

アメリカ西海岸女子一人旅(バンクーバー〜シアトルまで)の記事はこちらです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ポートランドにて

ポートランドに到着したのは、午後3時。まだかろうじて明るく、ぼちぼち街灯が点灯し始めるような頃合いでした。そのまま歩いてダウンタウン内のホテルに向かい、無事にチェックインをして少しお部屋で休憩して、夜の街の散策に出ました。12月のポートランドは日が落ちるのも早く、5時頃には真っ暗。なので、ダウンタウンの中心で治安がよく賑やかな立地のホテルをチョイスしたのは正解でした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ポートランド パイオニアコートハウススクエアの巨大クリスマスツリー(本物のもみの木です)

ポートランドで滞在したホテル、そして2泊だけのポートランドで効率よく廻った絶対抑えとくべきおすすめスポットの紹介と、雑貨屋巡りをした際のおすすめショップの紹介は、それぞれ別記事に書きました。ご興味ある方はぜひ、ご覧頂けたら嬉しいです。

女子一人旅!アメリカオレゴン州ポートランドで泊まったホテル

オレゴン州ポートランドのダウンタウンを1日で周るなら!おすすめスポット!

ポートランドで雑貨屋巡り!おすすめのショップ紹介

 

さて、これで、今回のアメリカ女子一人旅の旅行記は一旦おしまいです。今度は3月にサンフランシスコに行く予定ですので、また旅行記を書こうと思います!

アメリカ西海岸女子一人旅(バンクーバー〜シアトルまで)

先日、4泊6日でバンクーバー〜シアトル〜ポートランドをめぐる女子一人旅に行ってきました。バンクーバーまでは飛行機、バンクーバーからシアトルはバス、シアトルからポートランドは列車の旅でした。帰りはポートランドからバンクーバーに飛行機で戻り、バンクーバーから帰国しました。

時系列に沿って振り返ってみます。

今回、関空→羽田→バンクーバーまでは全日空(ANA)で空の旅。羽田からバンクーバーまでの飛行時間はちょうど8時間!早かったです。

バンクーバーでの滞在時間は約3時間弱でしたが、友人がいたので街の雰囲気をざっと案内してもらいつつ、シアトル行きのバス乗り場へ向かう、という段取りでした。

バンクーバー空港からダウンタウンへはスカトレインのカナダラインに乗り約35分。スカイトレインの乗り場も空港を出たらすぐ目の前なので迷いません。空港からダウンタウンまで9カナダドル。

アレヨアレヨという間に待ち合わせ場所の「Vancouver city centre」駅に到着。早く着いたので、駅に隣接しているショッピングモール「パシフィックセンター」で時間をつぶしました。無事に友人と再会し、友人の通う学校やガスタウン界隈をおしゃべりしながら歩き・・

 

この時期、毎日バンクーバーは雨らしいのですが、たまたま私が着いたその時間帯だけ晴れました!ラッキー♪

そして、ウォーターフロント駅まで歩き、カナダプレイスの方を望みつつ、またスカイトレイン(ミレニアムライン)に乗車。「Main street skytrain -Science World」駅まで向かいます。アムトラックバス乗り場はそこから徒歩すぐの「Pacific central station」になります。

 

ウォーターフロント駅、良い感じでした。クリスマスシーズンだったので至るところがクリスマスモード♪

そして約15分くらいだったかな?電車に揺られて到着。100メートルほど歩いたらすぐにアムトラック発車の駅に到着。アムトラックの駅「Pacific central Station」も立派で素敵な建物でした。(アムトラックの列車もバスも同じ駅)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Pacific central Station

 

駅に向う途中、振り返ったら見えた景色。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実はバンクーバーからシアトルへも列車(アムトラックトレイン)を予約していたのですが、まさかの前日に地滑りによる運休。バスでの振替輸送となったのでした。ちゃんと予約時に登録していたメールに、その旨を連絡してくれましたが、バスでの振替輸送になることまでは書かれてなかったので焦りました。現地の友人が電話で問い合わせてくれて(感謝!)バスで振替がされるとわかり安心しましたが、こういうこともあるんだなーと。

元々17時35分発の列車を予約していたのですがが、振替のバスは17時20分くらいに発車しました。列車の場合、入国手続きは乗車前にするから1時間前には集合しておくのがベストです。

バスの場合、入国手続きはアメリカとの国境で一旦全員全ての荷物を持って降りて建物内でしますので、乗車前はチケットのチェックだけ。ですが、最低でも30分前には集合しておく方が良さそうです。

 

そんなこんなで、バンクーバー滞在はたったの約3時間でしたが、友人にも会えてよかったし無事にシアトル行きのバスにも乗り込め、次の目的地シアトルに向かったのでした。

長くなったのでひとまずここまで!

また続きは次回書きます。

12月にアメリカ・オレゴン州のポートランドへ!格安航空券ゲット〜!

空港

腹を決めて、今度の旅行のフライトを予約しました〜!!

12月にアメリカに行きます!

人生初・アメリカ大陸上陸!!

前にこちらのブログでも書きましたが、今回の旅は導かれるようにアメリカ・オレゴン州ポートランドに決めました。ビビビっときたんです。

旅行って、こういう直感やワクワクが大事ですよね。

うちの会社で年に1回とれるプチ休暇、「どこか海外には行きたいけど、どこがいいかな〜」って考えてた時に、候補の場所がどこも、「う〜ん、いまいちピンとこない」・・・
どこもいつかは行ってみたいんですよ?でも、「今ではない。」「今のタイミングではない。」って自分の潜在意識が教えてくれてたんですね。

最近、西海岸がとっても気になってたから、今のタイミングで西海岸に行くことがちゃんと”決まって”たんだろうな〜

宇宙の采配は完璧だから!
流れに身を任せてたらちゃんとうまくいきますね!

さてさて、行き先が決まったら少しでも早く航空券を取らねば!航空券は基本的に、早ければ早いほど、安いです。いわゆる「早割」ですね。本当にびっくりするくらい違います。安いです。

そして今回、関空からだと、バンクーバー経由が安い!!との情報もシアトル在住の友人よりスルスルっと入手し、調べてたら確かに安いし早い。

ですので、今回は関空→羽田経由(オンシーズン時はエアカナダで関空⇄バンクーバーの直行便があるようですが、残念ながら12月はなかったです。でも安いからいーや♪)でバンクーバーまでまず行きます。

せっかくなのでバンクーバーで1泊だけし(バンクーバーにも友人がいるので会えたらいーな♪)翌日、アムトラック列車という鉄道でまずはシアトルへ。

シアトル在住の友人にも会う予定!そしてシアトルで1泊して、三日目にまたアムトラック列車を使っていよいよポートランドへ・・・というスケジュールを考えています。

アムトラック列車でバンクーバーからシアトル間が絶景ポイントらしく、「世界の車窓から」を体験してきます〜♪

おー、改めて書いてたらますます実感わいてきてワクワクしてきた!!

今回、私が航空券を手配したのは、「トラベルコちゃん」という旅行情報サイトです。

その他にも、JTBのサイトで、≪ワガママできる≫海外予約サイト。急な変更や直前の申込も可能&格安!
Expediaも大いに参考にしました。

ちなみに、今回私は関空⇄バンクーバーの往復フライト航空券(ANA)を石油サーチャージや諸々税金等オール込みで、な、なんと!!88480円でゲットしました。(片道44240円)やすっ

ちなみにちなみに、12月の半ば出発です。けれど、本当に穴場の日程だったみたいで、1日ずれるだけで4万円ほどアップしてました・・・

ラッキー!!!

旅って計画してる段階から楽しめるのも良いですよね!またレポート書きますね!

 

【追記】
無事、2015年12月にバンクーバー〜シアトル〜ポートランドの北アメリカ西海岸女子一人旅、行ってきましたよ〜!旅行記はこちら↓(長くなったので、何記事かに分けて書きました〜!)

写真もたっぷりです!最終的に蓋を開けてみると、こんなに書いてたんですね。汗

アメリカ西海岸女子一人旅(バンクーバー〜シアトルまで)

アメリカ西海岸女子一人旅(シアトル編)

アメリカ西海岸女子一人旅(シアトル編後編)

女子一人旅!シアトルからポートランドへ!列車の旅

オレゴン州ポートランドのダウンタウンを1日で周るなら!おすすめスポット!

ポートランドで雑貨屋巡り!おすすめのショップ紹介

女子一人旅!アメリカオレゴン州ポートランドで泊まったホテル

【番外編】女子一人旅!ポートランド〜帰国

 

 



今年の海外旅行はアメリカ西海岸の都市・ポートランドに決めた!

海外旅行 パスポート

今年(2015年)は海外どこへ行こうかなー。6日間しかないので行けても東南アジアかなー、とぼんやり考えていました。

シンガポール?マレーシア?ベトナム???(タイ、バリは行ったことあるから選択肢からは今回は除外)

・・・どこも今の私にはどうもピンとこない・・・

うーん。こんなテンションで行ってもどうなんだろうか・・・

と思っていた時、なんのお導きかひょんなことから久しぶりに偶然再会した友人夫妻。

この友人夫妻が半年前、新婚旅行に選んだ先がアメリカ・オレゴン州のポートランドでした。

話を聞いてると、「ポートランドが私を呼んでる・・!!!」となりました。笑

アンティーク好きだったりモノづくりの精神が根付いている街なので、「Mちゃんにあってそうやなぁと思っててん〜!」だって!

もうこれは行くしかないでしょ。

ってことで、早速いろいろとポートランドについて調べ始めました。


とりあえず、ポートランドについてのガイドブックは、ガイドブックからしておしゃれ!!

この本(ポパイのポートランド特集)はほんとに内容盛りだくさん!(大きいのでカラーコピーして持って行き、帰国後はアルバム作り時に活用します)
私が見た時はすでに在庫は売り切れで、アマゾンでの中古販売しかなかったです。(上の写真を押したらアマゾンに行きます)

たくさんのガイドブックが出ていますが、電車の乗り方からチップのことや現地の事細かいことまでしっかりと書いてくれているのがなんやかんやで「地球の歩き方」だと思います。最近は写真やフォントが可愛い女子受けを狙った凝ったガイドブックもたくさん出ていて、文字が多くて分厚い「地球の歩き方」は古い・・・という印象かもしれません。しかし、やはり文字が多いだけ情報量も多い!ことりっぷやララチッタなどは目で楽しめますが、結局昔からある老舗ガイドブック「地球の歩き方」に行き着きました。

 

【追記】
無事、2015年12月にバンクーバー〜シアトル〜ポートランドの北アメリカ西海岸女子一人旅、行ってきましたよ〜!

旅行記はこちら↓(長くなったので、何記事かに分けて書きました〜!)

写真もたっぷりです!最終的に蓋を開けてみると、こんなに書いてたんですね。汗

アメリカ西海岸女子一人旅(バンクーバー〜シアトルまで)

アメリカ西海岸女子一人旅(シアトル編)

アメリカ西海岸女子一人旅(シアトル編後編)

女子一人旅!シアトルからポートランドへ!列車の旅

オレゴン州ポートランドのダウンタウンを1日で周るなら!おすすめスポット!

ポートランドで雑貨屋巡り!おすすめのショップ紹介

女子一人旅!アメリカオレゴン州ポートランドで泊まったホテル

【番外編】女子一人旅!ポートランド〜帰国